ちがうだろー!

選挙結果を知って、ちがうだろー!
そう思いました。
暴言を吐いた豊田さんは落ちました。
でも、あれだけ問題を抱えた安倍総理は勝ちました。
その原因は、豊田さんが落ちても彼女に変わるものは他にいた。
しかし、安倍総理は代わりになる人がいなかった。
それに、間もなくトランプ大統領が訪日する。
これまで会った人は、安倍総理しかいない。
仕方ないので、とりあえず仕事をしてもらおう。
そのように国民は仕方なく判断した。

資本主義政治という言葉を考えた。
資本の力は強い。
資本を持ったもののために政治をすると負ける気はしない。
弱者のための政治は、弱い。

箍(たが)を嵌める。
漢字で箍、タガと読む。
むかしの木桶はタガが嵌っていた。
それは竹を編んだ輪っかだった。
今の人はなんのことか、わからないだろう。
木でできた桶は、水を入れるとダダ漏れした。
しかし、時間が経つと木の桶は水を吸って、膨張する。
すると、ピタッと水漏れは止まる。
箍は、狭い桶の下から広い上の方に叩き込まれていた。

これからは、安倍総理は自重するだろう。
箍を嵌めてもらおう。
これまでのような事はさせない。
彼も懲りただろう。
これからは、国民のために額に汗して働いてもらおう。
そうゆう判断だったのだろうか?

スポンサーサイト

フィルターをポットに使った。

今日は、またクリサンセマムの苗の植え替えをしました。
成長してきた苗から順番に、使われてない小さな鉢に植え替えました。
それでも、はちや、ビニールポットが不足してきたので、探しました。
そこで思いついたのが、ドリップコーヒーで使ったフィルターです。

紙でできているから、どうかなと思ったのです。
それに、底が尖っているので、座りが安定しない。
でも、たくさんお苗があるので、どうにかしようと思ってやってみました。
これで成長していって大きくなったら、どこかに露地植えすればいいから。
その時は、紙のフィルターもぼろぼろになっているだろうし。

この作業はまだまだ、しばらくは続きます。
今度はビニールポットを買ってきましょう。


投票をもっと簡単にして。

これからは、投票日として一日を決めずに、投票期間を決めてほしいですね。
例えば、10日間とか、一週間とか、その間に投票を終えてくださいって。
そのほうが投票率は上がると思います。

国によっては、棄権すると罰則があったり、逆になにか特典があったりするらしいけど。
この日本では、ゆるい規則にしていつでも簡単に投票ができるようにしてください。

この投票期間を設けることで、困ることはなんでしょうか。
選挙を取り締まる人たちの負担が増える?
選挙運動が、投票したあとも続いている?
これは、これまでと一緒だから特に困るわけじゃない。
まさか、投票するのを忘れる人が増える?
そんなことはないでしょう。

もっと何か困ることがあるのかな。
インターネット投票もどうにかして、できるようにして欲しい。
そうすればマイナンバーも、もっと普及するかもしれないよ。

選挙の結果

さて、選挙の結果はどうなるのでしょうか。
国民はどんな選択をするのでしょうか。
一人ひとりの力は小さいけど、集まると大きな力が生まれる。
選択によっては、恐ろしい結果が待っているのか、それとも平和で自由な未来が待っているのか。
全部、国民の選択にかかっている。
こんなはずじゃなかったのに。
どうしてこんなことになった?
後悔するような事にならないように。
難しいけど。

そのためには、疑う力も大事です。
疑問を感じたら追求しよう。
大きな力を持ったら、慢心するかもしれない。
腐敗し始めるかもしれない。
政治の体制ができたら、国民が声を上げることができなくなってしまうかもしれない。
力だけで、数の力だけで舵取りを始めるかもしれない。
そこに、話し合いは無くなっているかもしれない。
話し合いを拒否するかもしれない。

見えないところで物事が決まってしまう。
都合の悪いことは、隠したり、嘘をついたりするかもしれない。
誠実さや正直さが、ないがしろにされる政治が始まるかもしれない。
だから、やっぱり選挙はとても大事なんだ。
一人ひとりの国民が問われている。

久しぶりの早朝ウオーキング

久しぶりに早朝ウオーキングに行きました。
昨夜の雨も上げっていましたが、念のためにコウモリ傘を持って出ました。
片道30分、往復一時間コースです。
通勤ラジオを聞きながら、歩きます。
折り返しを過ぎて帰路につくと、先方から軽ワゴン車が向かってきます。

この道は車の通り抜けのできない、山道です。
僕は車の通る道でウオーキングしたくないのです。
すると、その車は目の前でUターンをはじめました。
車には、安全パトロール車のステッカーが貼ってあります。

田舎では、仕事のない老人がボランティアでパトロールの役目でもしているのでしょうか。
僕がその車の脇を通り抜けて、歩いてゆくと向こうから野放しになった犬か走ってきました。
狭い道ですので、僕とその犬は、一瞬対峙しました。
右手にコウモリ側を持って、もし噛み付いてきたらこれで叩いて追い払おうと思いました。
犬は、僕に向かって警戒しながら、ゆっくりと近づきます。
犬の習性として、まず人間の臭いをかごうと近づきます。
しかし、もしそのときに、噛みつかれたら逃げられません。
緊張しながら、ゆっくりやり過ごしました。

するとその犬は、さっきの老人の運転するパトロールの軽ワゴン車に乗り込んだのです。
その様子を見て、僕は右手に持っていたこうもり傘を運転席の老人に向けました。
そしてこういいました。

「違うだろー!、パトロール車の人間が犬を放し飼いにして許されるのか!」
相手は、車の中にいるので聞こえないと思ったけど。

こうもり傘の先を車に向けたまま、僕ははその運転席の老人と対峙しました。
多分、自分が犬を野放しにことを僕に糾弾されている、そのことはわかったのでしょう。
しばらくすると、その車はクラクションをピッと短く鳴らして僕を追い越して帰ってゆきました。
それに対して、こうもり傘を持った右手をちょっと上げて、僕も応えました。

たったそれだけの出来事でした。
やっぱり外に出かけると、こうしてブログのネタにぶち当たる。
そんな気づきでした。

少しずつ植え替えました。

成長の良い苗から、順番に小さな鉢やビニールポットに植え替えました。
でも、もっとビニールポットがないと苗が余ります。
台風が去ったら園芸店に行って買ってきましょう。
植物を育てるには、じっくりと時間をかけながら見守るのが大事なようです。
子育てにも通じますね。


トップダウンとボトムアップ

安倍政権はトップダウン方式で政治を行ってきた。
もしも、トップの意向に反したらどう扱われるか、わかっているだろう。
それが嫌なら、トップの意思を忖度してでも、嘘で隠蔽してでもいいからトップを守ればそれなりの見返りが与えられます。

先の戦争なども、トップダウンで有無を言わせなかった。
命令だから、玉砕せよと言われたらそうするしか無かった。
インパール作戦でも、大きな犠牲が出て負けることはわかっていた。
しかし、誰も上に意見することはできなかった。

自衛隊とか、警察なども当然、トップダウンで組織が動く。
しかし、自衛隊や警察のような組織では自殺が多いのもトップダウンの特性である。
間違っていても、疑問すら挟む余地はない。
決して、言い訳も進言もできない組織である。

もし、あなたが働くとしたら、トップダウンの職場にしますか?
それとも、ボトムアップの職場で働きたいですか?

トップダウンで行われる政治と、ボトムアップで行われる政治とどっちを選びますか?
トップダウンは動きが早いです。
すぐに決められます。
その内容に疑問があっても、上で決まったことだから決断が早いです。

一方、ボトムアップは時間がかかります。
いろんな人の意見を、開放した見える形で戦わせます。
なにも、隠す必要が無いから、国民にオープンにされます。

トップダウンは、決めた人だけがその訳を知っています。
もちろん、反対する人たちにはなにも知らされません。

立憲民主党の枝野ンは、これまでと違ったボトムアップの政治を作り上げようとしています。

物は買わないと決めていたが

買ってしまいました。
ドリップコーヒーを飲むために、つい手が出てしまいました。
これまでは、ヤカンみたいな音の出る大きなケトルを使っていました。
ところが、微量に注ぐときに注ぐ口から垂れたりして、思うところに注げませんでした。
ときどき、カップ麺なども作る時があるので、そっちでも使えるのではないか。
そうゆう誘惑に負けて、ポッチッとしたわけです。
もし、これが気に入ったらこれまで使っていた古いケトルは処分します。
保管してしまったら、場所をとるだけです。
それに、今後はずっとひとり住まいだから、これで十分だと思います。
これまでコーヒーは特に、または、あえてと言うかあまり飲まなかった。
どっちかと言うと日本茶を飲んでいました。
でも、リタイヤした身分ですから、ゆっくりコーヒーを楽しむのも悪くないのではないか。
ゆったりとした時間を楽しむためにも。
ドリップコーヒーを入れてみると、ペーパーを折ったりする作業なども含めてすでにコーヒータイムが始まっているのですね。
今のところ、つき合わせの甘いものはないけど、そのうちクッキーなどでも揃えますか。





期日前投票に行った。

生まれて初めて、期日前投票なるものに行ってきました。
入場整理券の、裏書きするところを見ると、理由を書くところに台風が来るからに該当するような欄がありません。
もっと多くの人の投票を促すために、天候の悪化が予想されるために、という欄がほしいです。
いちいち理由を詳しく、書かないとならないところが日本らしいです。

会社で、有給をどうして使うの、理由は?
申請書に何日前に提出するようにと書いてあるでしょう、押印は?
と上司に問われるのと似ていますね。

小さな文字で、「以下の記載が真実であることを誓い」、と書いてありました。
そして、裏書きの名称が、「期日前投票宣誓書兼請求書」になっています。
名称からして大袈裟ですね。
投票所で、選挙管理委員の前で右手を上げて、「宣誓!、私はこの記載が真実であることをここにお誓い申します」とでも言わないといけないのかと思うじゃないですか。(^o^)
兼請求とあるので、何を請求するのかと思ったら、投票用紙を請求します、ということでした。

期日の前に投票したいから、そうさせて欲しいで良いじゃないですか。
投票率を上げることが何より大事なんでしょう。
駄目なんでしょうか?

僕の場合は、期日前投票を受け付ける場所が家から近いのです。
当日の投票場所は遠いし、車を持ってない下流老人だから雨が降るとびしょ濡れになるのです。
本当はそうなんですが、やむなく理由は仕事のためにしました。
該当する理由がないので、仕方なく嘘をついたのです。
罪悪感を感じながら。
期日前投票って、難しくて辛くて厳しいものなんですね。

多数決

そうだった、これからブログを書くときはGoogleドキュメントを使うって決めていたのに。
ついつい、いつもの癖でMeryを立ち上げてしまった。
どうしてGoogleドキュメントを使うようにしたかって言うとオンラインだから。
あっちのパソコンで書いて途中までだったら、こっちのパソコンでもそのまま続けられる。
だから、そう決めたけど、その必要な無ければなんでも良いわけです。
まぁ、そんなことはどうでも良い。

今日は資源ごみの日、リサイクルの日と言っても同じことなのかな。
そして、粗大ごみを処理しました。
一輪車にふらつくほど積み込んで、それも2往復しました。
だいぶ片付いたと思ったけど、まだほんの一部です。

人はいつの間にか、こんなにいろんなものを買い込んでいたのか?
そしていまは全部がただのゴミになっている。
邪魔なゴミに。
場所をとるだけのゴミに。
買ったときは重宝したかもしれないものも。
生きるということは、消費するということ。

いまはその消費が税金になった。
累進性をもたない、いや逆進性がある。
その税からは、誰も逃れることはできない。
という徴収する者にとっては便利な税制です。
その集めた税金が公平に使われていない。
権力者が、その権力を使って優遇できる。
でも、見つかるはずはないと思っていたのに、見つかってしまった。
でも知らぬ存ぜぬ。

もういい。
いま普通に裕福な生活を送っている人はそれでも許します。
いま苦しい思いをしながら生活している人は、許せない。
どっちが多いかで、選挙の結果が決まります。

プロフィール

cormsin

cormsin
妻を早くに亡くし、子供3人の父子家庭でしたが20年経って、子どもたちもどうにか成人に達しました。これからは自分のために老後を過ごそうと思っています。星座は蟹座、血液型A型、趣味パソコン、マイブーム64歳でバイク免許取得、一番簡単で安い原付2種AT限定、いまリード110に乗っています。インターネットの世界では高齢者は希少価値が上がります。一期一会大事にしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
足跡ポチッ!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる